宅建情報などのお問い合わせフォーム

合格へショートカット!徹底チャレンジ_宅建過去問

合格へショートカット!徹底チャレンジ_宅建過去問

宅建試験攻略の裏ワザ

宅建の学習ツール活用法

ゲーム感覚で学べるFLASH形式のPLUS式★過去問

最新!!法改正・統計情報

残り3か月が本当の勝負!!8月からの宅建学習方法

TAKEN PLUS主宰★大竹飛香

TOP > 宅建試験の科目説明と出題傾向

宅建試験の科目説明と出題傾向

宅建試験科目の
説明&出題傾向宅建試験の出題傾向や各分野ごとの傾向をつかみましょう!毎年出題される問題は、必ず得点できるようにすれば、合格に近づきますよ。


宅建で出題される4つの分野

根強い人気の宅建試験


宅建の試験科目には4つの分野があります。まずは、分野ごとの特徴とどのような内容が含まれるのか、大枠でつかんだ上で、学習することが効果的です。

 

権利関係 宅建業法 法令上の制限 税・その他

権利関係


特色 「権利関係」は、事例式の応用問題が非常に多いので、丸暗記をするだけでは対処ができません。また、民法は条文だけで1044条もあり、さらにそれぞれの条文に関する判例もたくさんあります。そのため、権利関係の学習に当たっては、「なぜそうなるのか」という理由に着目してください。一般常識と照らし合わせながら、自分のなかで納得しながら知識を身につけていければ、修得が早まります。
出題
傾向
各年度ごとの出題傾向から導き出した指標です。重要度の高いものから順に、A/B/Cと表記しています。不動産に関わる「借地借家法」「不動産登記法」などは重点的に学ぶ必要があります。
権利関係 出題傾向と重要度

ページトップへ戻る

宅建業法


特色 宅建業法は、宅建業の実務に関わる科目です。ですから、宅建業の免許や取引主任者の登録、事務所や案内書の場所、保証金、広告や契約、手数料についてなど、具体的に実務の知識があるかどうかが問われます。ただ、定められているルールを覚えてしまえば、問題を解くのはさほど難しくはありません。素直にコツコツと勉強して、全問正解を目指したい科目です。
出題
傾向
各年度ごとの出題傾向から導き出した指標です。重要度の高いものから順に、A/B/Cと表記しています。宅地建物取引主任者の実際の業務として行うことになる、重要事項説明や自ら売主制限のクーリングオフなどは毎年出題されていますので、そこは絶対に押さえておきましょう。
宅建業法 出題傾向と重要度
ページトップへ戻る

宅建業法


特色 法令上の制限は、街づくりに関するさまざまな法令から出題されます。細かい数字を覚えなくてはなりませんし、後回しにしてしまいがちですが、開発の流れを整理しながら覚えていくと、難しい分野ではありません。法令上の制限は50問中8問。ここで4点は取りたいものです。
出題
傾向
各年度ごとの出題傾向から導き出した指標です。重要度の高いものから順に、A/B/Cと表記しています。過去問を5年分連続で解いてみるとわかりますが、出題は毎年同じような傾向になっています。出題傾向が高い項目から優先的に学んでいってください。
法令上の制限、出題傾向と重要度
ページトップへ戻る

税・その他


特色 試験の問23~24は税金についてが出題されています。地方公共団体が徴収する地方税、国が徴収する国税、所得税から出題されます。問25は、地価公示法か鑑定評価といった土地の値段についての問題です。問46~50は、住宅ローン(住宅金融支援機構)や違反広告(景品表示法)、地価動向(統計)や土地、建物に関する問題が出題されています。
出題
傾向
各年度ごとの出題傾向から導き出した指標です。重要度の高いものから順に、A/B/Cと表記しています。税金にしても、土地・建物に関しても学ぶべき範囲が広い分野です。この中では、印紙税や地価公示、鑑定評価、地価動向は範囲が狭く学びやすいと思います。これらを落とさずに、他はあまり時間をかけすぎずにといった具合で取り組んではいかがでしょうか。
税・その他の出題傾向と重要度
ページトップへ戻る