トップページ > 宅建過去問にチャレンジ > 宅建過去問にチャレンジバックナンバー  > 宅建過去問にチャレンジバックナンバー(法令上の制限)

宅建過去問にチャレンジバックナンバー(法令上の制限)Challenges the exam


9月19日宅建試験Today's Question
サンプルイメージ

開発許可[平成9年17問]

地区整備計画が定められている地区計画の区域内において建築物の建築を行う場合には,市町村長の許可が必要であり,市町村長は,地区計画の内容と建築行為の内容とが適合するとき許可をすることができる。

  • [考えるHint!]
  • まず、開発許可の問題を考えるにあたっては、それが許可が必要なものであるか、必要であれば、誰に何をすればよいかが重要となります。この問題は地区計画の区域内での建築について誰に何をすればよいかを聞いています。
  • 答えは…×です。地区計画区域内では土地の 土地の区画形質の変更,建築物の建築その他政令で定める行為を行おうとする者は,着手する30日前までに,原則として市町村長に届け出なければなりません。
9月12日宅建試験Today's Question
サンプルイメージ

建ぺい率・容積率[平成20年20問]

容積率を算定する上では、共同住宅の共用の廊下及び階段部分は、当該共同住宅の延べ面積の3分の1を限度として、当該共同住宅の延べ面積に算入しない。

  • [考えるHint!]
  • 建ぺい率を算定するルールはどうでしたでしょうか。具体的な数字が問題に入っているとそこに引っかけられそうになりますが、落ち着いてルールを思い出してみましょう。
  • 答えは…×です。容積率は共用の廊下や階段部分を算入しないのがルールになっています。
8月28日宅建試験Today's Question
サンプルイメージ

開発許可[平成16年18問]

開発許可を受けた者は、開発行為に関する工事を廃止したときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出なくてはならない。

  • [考えるHint!]
  • この問題を考えるに当たっては、どのような時は、いつ誰に、何をしなくてはならないかという知識が必要になります。なかでも、許可か届け出かという点はポイントです。
  • 答えは…○です。工事を廃止するということは、一度許可が下りているものを「やっぱりやめます」ということになるので、これから工事をやりますよと申請することと比較して重要度が高くありません。ですから、許可よりもワンランクゆるい届出をしなくてはならないということになります。そして、いつまでに届ければいいかというと「遅滞なく」。こちらも「直ちに」などに比較して緊急度は低いということです。
ページトップへ戻る
Copyright(C) BAMBOO CREATION/ TAKEN PLUS+ All Rights Reserved.